活動のご案内
学びたいときに 学びたい場所で 自由に学べる社会を作るために

 センターは、障害をもちながら大学に進学し、卒業した当事者が中心になって活動しています。道を切り開いてきた先輩たちの経験を活かし、当事者の気持ちに寄り添った支援をしているのが特徴です。障害をもつ学生さんはもちろん、ご家族の方、高校や大学の教職員、企業の方など、当事者の視点でのサポートを必要とされる方は、お気軽にお問い合わせください。


広告協賛募集中 全国障害学生支援センター
この広告枠月700円・半年で3000円から利用できます。

大学への調査と『大学案内障害者版』の発行

 全国すべての大学に障害学生の受け入れ状況調査を実施。障害学生だったらどんな情報を知りたいか?を真剣に考えて調査をしています。そこで集めた情報は、書籍『大学案内障害者版』とホームページで公開。どの大学が障害学生を受け入れ、どんな支援をしているかを詳しく知ることができます。受験生はもちろん、学生生活に不安を持っている方、将来、大学進学を考えてみたい方、大学や企業で障害者の支援をしている方にもおすすめです。※調査と書籍の発行は2~3年おきの実施です。

大学案内2014障害者版 表紙写真

大学案内障害者版・入試情報

大学における障害学生の受け入れ状況に関する調査

書籍のご注文・会員のご登録


相談・情報提供事業

 大学で学び、障害をもつ個人としても日々生活しているスタッフが、その経験を活かしてご相談に応じています。スタッフ自身、いろんなことに悩み、試行錯誤を重ねています。だからこそ共有できる気持ちを大切に、じっくりとお話を聞かせていただければと思います。お互いに話をする中で、よりよい受験方法、学生生活の過ごし方、日常生活での工夫などについて、一緒に考えていきましょう。また、大学への調査から得たデータをもとに、一人ひとりのニーズに合わせた情報提供も行っています。

相談・情報提供のご案内


機関誌『情報誌・障害をもつ人々の現在』

 年4回の発行で、障害をもつ「先輩からのメッセージ」が大好評。受験や学生生活など、各号にテーマを設けています。障害学生の具体的な様子を知りたい方におすすめです。自分のしてきた経験を後輩に伝えたい、社会に向けてメッセージを発信したい、という当事者の思いが込められた、当事者が発信する言葉がいっぱいの機関誌です。点字版・テキスト版(データ)も同時発行。

情報誌・障害をもつ人々の現在 表紙写真

『情報誌・障害をもつ人々の現在』

書籍のご案内


地域交流会・ミニ交流会などの開催

 障害をもつ高校生や大学生、大学を卒業した先輩が参加する交流会を開催しています。年齢や障害の違いを超えて、受験のこと、学生生活や日常生活のこと、将来のことなどについて話し、情報交換できる貴重な場になっています。当事者同士だから共有できる思いを大切に、障害をもつ学生や卒業生が交流会を作ってきました。当事者同士がつながってお互いにサポートし合う、これも交流会の大きな目的です。

障害をもつ学生交流会 開催風景

学生交流事業


公式Facebookページ・グループ「障害学生ネットワーク」の運営

 全国で学ぶ障害学生のための情報交換の場を設けています。自分たちの活動を仲間に伝えたり、困ったときに同じ立場の学生同士で相談したりできる場です。先輩から後輩へ、いろいろなノウハウが受け継がれる場として、また自由に新しいものを発信できる場として発展させていければと思います。

全国障害学生支援センター公式Facebookページ

Facebookグループ 「障害学生ネットワーク」

公式Facebookページ・グループ「障害学生ネットワーク」の開設について


会員のご案内

会員のご案内

書籍のご注文・会員のご登録


会費・寄付などの振込先


センター案内リーフレットのご紹介(PDF・テキスト・点字等)

Acrobat Readerのダウンロードはこちらから
  1. 支援センターリーフレットPDF版
    センターの活動の内容をまとめたリーフレットです。
    A3用紙に裏表に印刷の上、二つ折にしてお使いください。
  2. リーフレットテキスト版
  3. リーフレット点字版(18行両面 BASE形式)
  4. リーフレット点字版(18行両面 BES形式)